赤ちゃんに数を教えるなら『比べる』からスタート

Share on Facebook
Share on LinkedIn

形の大きさ、長さ、重さなどを
直感的に感じられるような
働きかけを沢山してみましょう。

11719859_995651823802551_1354389610_n 

11714544_995651817135885_484146289_n

洗濯ものをたたんでいたら
「どっちが大きいタオルかな?」

 

玄関に行ったら
「どっちが大きい靴かな?」
パパとお子さんの靴を比べてみる。

 

おやつをお皿に分けたら
「どっちが多い?」

 

ペットボトルの量を変えて
「どっちが重い?」

 

このように比べっこをする時は
直感で見抜く力をつけるのが
子どもには大切です。

 

数学を教えるには
数学的センスを磨くこと
乳幼児期には大切なのです。