頭のいい子供に育てる秘訣は”感覚”

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

頭がいいとは
困ったことに出会った時
どのように問題を
解決していくのかを
自分で考え、判断し
的確な行動していくことです。

4444

 

 

物事の本質を見抜き
今までの経験
知識、記憶を総動員して
何が一番必要かを
取捨選択していくことが
必要となって来ます。

 

問題を解決するためには
今まで得て来た情報を
記憶していなければなりません。

 

問題を解決するためには
沢山の語彙の中で
考え、人に伝えること、が
必要になって来ます。

 

その為に、感じること
日々の生活の中で
意識していかれるとよいのです。

 

感じる感性が豊かになるほど
記憶力が良くなります。

 

感じる心が豊かなほど
情報が蓄積されていきます。

 

子どもが感じるつぶやきに
耳を澄ませ
一緒に楽しむことを
おススメします。

 

日々の生活の中で
大人が忘れてしまっている
感覚を呼び覚ましてくれるのは
子どもの驚きやつぶやきです。

 

ここに目を留め、耳を傾け
共に感性豊かに過ごすこと

 

これが結果、
頭の良い子に
育つ秘訣になっていくのです。