働くママの大変さを思い出す映画『37℃の涙』

Share on Facebook
Share on LinkedIn

私も26年間、保育園・幼稚園教諭として
フルタイムで勤務をしてきましたので
子育てと仕事の両立の大変さ
沢山経験して来ました。

 

「37℃の涙」は病児保育の
保育士さん中心の番組ですが
色々な家族の在り方が
見えて考えさせられますね。

 

私が育児をしていた頃は
病児保育はなかったので
熱がある時は
一人で家で寝かせていることもありました。

 

子どもが3人いると順番に熱を出し
長い期間は仕事も休めず
本当に日々どうしようかと
対策を講じながらしのいで来ました。

 

働いていると自分も必死だったので
子どもの気持ちに心底
寄り添えないこともあり
「37℃の涙」を見ていると
「あの頃寂しかったのかもしれないな」と
思ったりもしました。

 

でも、時間ではない!

 

短い時間でも
一緒にいる時間を大切に

して来たからこそ、今は
自立した立派な大人になっていると
思っています。

 

だから、堂々と働いていい!!!

 

と、私は思います。

 

色々な人の力を借りて
色々な人に助けてもらって
親子で成長していけばいいのです。

 

自分一人でどうにかしようと
すると、子育ては間違った方向に
行きがちです。

 

人を育てる大事な事業に
自分たち夫婦だけの考えで
育ててしまったら、視野の狭い
人に育ってしまいます。

 

どうか、子育ても大事な事業ですから
スキルアップするための
勉強も同時におススメします。

 

一生後悔しない子育てが
身に付きますよ。