2~3歳の幼児に楽しんでほしい数遊び

Share on Facebook
Share on LinkedIn

数を覚えさせるために
Ⅰ~100まで数を数えることを
よくしますね。

 

また、数字だけ見て
数が言える。

 

紙面上、足し算引き算ができる。

 

このよう事ができると
算数ができるような
感覚がありますが
これは本当の意味で
数を理解していることには
なりません。

 

2~3歳の時期に
数の概念だけで
数を覚えさせるのではなく
体感とともに
覚えさせるとベストです。

 

数を数えるのも
実際の物を使って数える
本当の意味での
数学的センスを身につけることが
できます。

 

おやつの時間に
お菓子を配りながら数える

 

食事の時に
お皿やお箸を並べる時に
数える

 

という様に実践しながら
数を理解するようにして行きましょう。

 

また、数の感覚を身につけるのと同時に
時間の感覚を身につける事も
大切です。

 

あと5分したら出かけるよ。と
事前に伝えていくように
することはいつもお伝えして
いることですが
これをゲーム感覚で楽しむ方法が
あります。

59_kitchentimer_01

スマホやキッチンタイマーなどを
セットして、机の下にもぐります。

 

1分なら1分セットして
かくれんぼをします。

 

お互い1分たったと思ったら
出て来て、ベル等を鳴らす。

 

タイマーの音に一番近く
ベルを鳴らした方の勝ち。

 

 

こんなゲームをしていくと
時間の感覚を正確に
つかめるようになります。

 

1分ができるようになったら
今度は3分。

 

と時間を変えて予測するように
遊びながら訓練していきます。

 

乳幼児の時間を掴む能力は
おとなよりも長けているのです。

 

ぜひ、この時期に時間間隔を
身につけて、時間管理のできる
お子さんに育てて行きましょう。