幼児のイヤイヤ期に起きるダダこねを防ぐ方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

「イヤイヤ期」になって来ると
何を言っても「イヤイヤ」

 

どう言ったら
どうしたら
お子様がいう事を聞いてくれるのか
途方に暮れることが
沢山あることでしょう。

 

そんな時は
2つの選択肢から
選ばせるといいですよ。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

例えば
「お風呂イヤイヤ」と言ったら
「ママと入る?それとも一人で入る?」
と、聞くと、どちらかを選んで
くれるでしょう。

 

「パンツをはきなさい!」と言っても
逃げるか、イヤイヤと言って
頑固としてはかないお子さんも
「どっちがいい?」と
パンツを選ばせると
「こっち!」と自分から
すんなりとはくようになります。

 

不思議ですね~。

 

以前、トイレでお漏らししていた子も
先生に着替えさせられるのを断固として
嫌がっていました。

 

でも、ここで着替えるのと
先生と一緒に着替えるのと
どっちがいい?と聞くと
「こっち」と自分で
さっさと着替えていました。

 

人は、決めつけられたり
無理やりやらされたり
押し付けられると
抵抗したくなるようです。

 

たった2つの選択肢でも
自由を与えられた気がして
素直になれるのですね。

 

 

「つい叱ってしまった!!!」
自己嫌悪に陥ってるあなた!!!
今すぐ叱り方を学んで
自信を持ってお子様と笑顔の
毎日を過ごしませんか!?

叱り方セミナー