イヤイヤ期のママがすぐに使える方程式

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

私が定期的に行っているセミナーでは
お子様との困った問題を
すぐに解決できるコツ
お伝えしています。

 

セミナーに参加され
早速おうちで実践された
ママからご感想を頂きました

 

1歳のお子様のみならず
長男、次男のお子様にも
効果があったとのことです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日のセミナーに
参加させていただき
ありがとうございましした。
 
 
教えていたただいた
「共感+間+でもね」
さっそく実践させて頂きました。
 
 
ご飯を食べずに
お菓子を食べたがった際に、
これを実践したあと、
相手にしないでほっておいたら、
暫くすると落着き、
ご飯を食べ始めました。
 
 
この方式は
1歳の3男、
3歳の次男に限らず、
5歳の長男にも効果的でした。
 
 
5歳児の場合、
こちらの要望との
折中案を提案してきました。
 
 
「無視をする」とは
冷たいことではなく
「考える時間を与える」事
であり「親が待つ時間」
なんですね。
(この捉え方で合ってますか?)
 
私も「待つ」事を覚えながら、
子供と接していきたいと思います。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうなのです。
 
 
「無視をする」とは
「考える時間を与える」
ということです。
 
 
そして、「親も待つ時間」
なのですね。
 
 
このやり方は
どんな人間関係にも
使えます。
 
 
夫婦、親と子、上司と部下、
ママ友同志、職場の同僚、
先輩後輩・・・
 
 
 
どのような関係であっても
このコミュニケーションのコツを
覚えてしまえば、良好どころか
好感を持たれ、心地よい
関係が育まれます。
 
 
私もこのコミュニケーション法を
編み出してからは、不思議と
イライラすることもなくなり
いつでも穏やかに対処できるように
なりましたよ。
 
 
 
正しいやり方を学ぶことで
無駄な時間を費やすことなく
ハッピーな毎日が送れるのです。
 
 
 
あなたもお子様との話を
「共感+間+でもね」
そして、そのあとの”無視”
 
 
このコミュニケーションのやり方で
効果を感じてみてくださいね。
 
 
セミナーでは
すぐに実践できる
ように

シートを使って
お伝えしています
ので
どうぞいらしてくださいね。