入園前にやっておきたい大切な経験

Share on Facebook
Share on LinkedIn

幼稚園に来るまでに意外と
経験していない
「ごっこ遊び」

 

 

その為に友だちとの
貸し借りに一苦労
しているお子さんの多い事!!!

 

オモチャを取られ
びっくりして

固まっている

 

 

オモチャを取られ、
泣いて

大人に頼る

 

オモチャが欲しくて
誰それ構わず
無理やりオモチャを取る

 

こんなお子さんの行動が
見られたら要注意!!!です。

 

 

それは単なる
経験不足なのです。

 

 

もしかしたら
他のお母さんの手前
オモチャを取りそうになったら
取られそうになったら
お母さんが止めてしまったり
かばったりしていませんか!?

 

 

今は、他の人の目を気にして
思う様に体験させられない

 

 

というつぶやきも
聴こえてきます。

 

 

だから、お子様自身で
解決する機会がないので
いつまでたっても
泣いて大人に助けて
もらう方法しか
できなくなってしまいます。

 

 

こんなことをいつまでも
していたら、お子さん自身が
困った時、自分で
解決できる力が

つかないまま大人に
なってしまって

その時になって
大変なことに

なってしまうのは
予測がつきませんか!?

 

その為にできることは
まずは乳幼児期に
貸し借りができるように
やり取りの練習をしておくことです。

 

「ちょうだいね」

「貸してね」

「ありがとう」

「どうぞ」

 

ママと一緒におもちゃを使って
何度も何度も
このやり取りをやって
いきましょうね

 

覚えさせるために
一度に何度もすることでは
ありませんよ。

 

それは単なる強制になってしまいます。

 

 

そうではなく、
貸し借りが必要な時に
適切な言葉の使い方を
意識して伝えることです。

 

ボールを渡す時

絵本を見る時

ごはんを食べる時

2333703411_6bfd90f314_b

どんな時も

この貸し借りの言葉
使ってみましょうね。

 

子どもはこのやり取り言葉を
使うことで
お友だちとのやり取りも
言葉を使うことができていきますよ。