5ステップでわかる、褒めタイミング

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

 

能力が伸びていくには
5ステップの段階を経て
いくことが大切です。

 

1ステップ         やりたいことをする
「やりたい!」と思うと瞳が輝きます

2ステップ         何度もやる
「もう1回」できるようになるまで繰り返します

3ステップ         集中してやる
「無言・・・」夢中になって無心になって取り組みます
↓   
4ステップ         達成感を味わう
「自分でできた!」と、満足します

5ステップ         次の新しいことに挑戦する
「次、何をしよう!」自信をつけ次なる課題を探し挑戦します

 

ここまでをできるだけ
邪魔しないことです。

 

このステップでいうと
どこがほめるタイミングだと
思われますか?

 

ほめるタイミングは
4ステップ目です。

 

深く集中しているときは、脳がフル回転

音や話しかける声で中断すると
PCの電源をいきなり切って
しまうようなものです。

 

夢中になっているな、と
思ったら、声をかけるのは
よくお子さんを観察して
からにしましょう。

 

ベストなタイミングは
本人が「できた!」と思って
顔が変わった瞬間です。

 

「できたのね!」
「がんばったね!」
と喜びを一緒に味わうことです。

 

途中で頑張ってるな、と思っても
声をかけずに我慢していて
見守っていてださいね。

 

また、最後までやりきれずに
諦めてしまったら
「ここまで頑張ったね。
もう少し大きくなったら
きっとできるようになると思うよ。」
と、こんな伝え方もできると思います。

 

また、どこでつまづいたか
検証してもいいですね。
「どこが難しかったかな?」と。

何事もできないのが悪いのではなく
「失敗もOK!じゃ、その次どうする?」
いうマインドを一緒に
育てて考えて行きたいですね。