危険!見る力が衰えていると学習能力にも影響して来ます

Share on Facebook
Share on LinkedIn

幼稚園では一年に1回
視力検査をします。

 

私が担当して毎年160人程の園児を
検査していたのですが
その中で数人は「見えにくい」
お子さんがいました。

 

見る力が弱いために
・ものが二重に見える
・視点が合いずらい
・焦点が合わない
等の、見えにくさがある為
それが遊びや制作活動
運動、リトミック等の
活動すべてに影響を
及ぼしているようでした。

 

見えにくいために人よりも
労力を使うので
苦手意識も加わり
「自分にはできない」
「どうせだめなんだ」
自信を無くして行きます。

 

多分、自然の中で生活することが
少なくなった昨今
目を動かす経験が少なくなり
見る力が衰えているのも
原因ではないかと思っています。

 

また、テレビやスマホ等
一画面をジッと見ていることが
多いと、目を動かす範囲も狭くなり
視界も狭まっていることも
一因ではないかと思います。

 

これを改善する為に
毎日5分!トレーニングをすることで
改善ができます。

me

音のなるおもちゃや
ペン先などで
⓵円を描くように眼を動かす
⓶線を描くように眼を動かす
⓷眼を左右に動かす
⓸眼を上下に動かす
⓹眼を斜めに動かす
⓺より眼にする

など意識して眼を動かす運動を
してみてください。

生活の中でできることとしては
毎日すぐに実践できることもあります。

それは次にお伝えしますね。

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール