食事中に立ち歩くなど落ち着きがない子は声掛けのタイミングがあります

Share on Facebook
Share on LinkedIn

子どもに部屋を片づけて欲しい時
ごはんだよ、と声掛けする時
子どもが遊んでいる時に何か
してほしい事がある時には
声掛けのタイミングをはかれば
上手く行きます。

キャプチャ

 

とくに
落ち着きがないお子さんは
視覚系が強いので
周りの情報をかき集めて
集中しているので
声をかけても「聞く耳なし」の状態です。

 

効果的な声掛けのタイミングは
お子さんの視線が
止まっている時です。

 

その時にすかさず
「お片付けしよう」
「ごはんよ」
「着替えるよ」
と、次の行動を誘いましょう。

 

その時に、次にやる事の
場面や物を見せる
視覚に反応してすぐに
行動に移せるようになりますよ。

 

お片付けだったら
棚を指さしてしまう動作

 

ごはんだったら、テーブルを指さす

 

着替えだったら服を見せる

 

 

次に何をしたらよいのか
見てすぐにわかる
行動に移せるようになります。

 

また、視覚系が強すぎる場合は
ボールを目で追う等して
充分に使うと
バランスが整って行きますよ。