方向音痴にならない真似っこ遊び

Share on Facebook
Share on LinkedIn

記憶には、
耳で聞いて覚えられるもの
実際に身体を動かしながら
覚えられるものがあります。

 

3歳までは実際に身体を動かしながら
記憶していく方が効果的だと
言われています。

 

まずは右と左の区別がつくように
「ママと同じほうの手をあげてみて」
と、お子さんと向かい合って
手をあげさせましょう。

te

 

自分のどちら側が右手か
どちら側が左手か
感覚として受け止めるようになることが
大切です。

 

次にそれが理解できるようになったら
鏡に向かって右手、左手をあげ
同じ方向で手があがることを
鏡で確認してみます。

 

繰り返し真似をしていくことで
左右の感覚が身についていきますよ。