「優しくて賢い天才児」の作り方!?3歳までの発達に必要な3つのエッセンス

Share on Facebook
Share on LinkedIn

「優しくて賢い天才児」の作り方!?3歳までの発達に必要な3つのエッセンス

 

 

3歳までに必要な3つのエッセンス
胎児の時からママと赤ちゃんは一心同体
生まれてからもほとんど
肌と肌をすり合わせて
愛情をたっぷり注いでいます。
この時期にさらに知っておくと良い事
3つに絞ってお伝えします。

 

1.脳の発達にも影響する5感の刺激

3歳までは真っ白な
キャンパスに色々な色が
彩られる時期

真っ白なだけに
良いも悪いもすべて
吸収していきます。

 

この時期、赤ちゃんに
愛情を感じてもらえるような
赤ちゃんが心地よいと
思ってもらえるような
関わりをしていきましょう。

 

基本のポイントは”5感”を刺激することです。

 

言葉で上手く表現できない分
5感 視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)で
必死に情報を読み取ろうと
している時期

目にするもの
耳で聴くもの
手で触る物
口にするもの
匂いで感じるもの

すべてが脳の潜在意識に
吸収されていきます。

 

 

この倉庫には一生消える事のない
情報が溜まっていくのです。

 

より良い情報をインプットさせていくと
必要なときになると
その倉庫から引き出され
役に立って行きます。

 

 

 

日々の生活の中で
ママも5感を感じ取る
感性を磨いて行きましょう。

 

 

まずは自然の中に身を置く事で
いつもと違う感性が
甦ってきますよ。

 

 

2.手指は第2の脳なので手指を使った遊びを沢山しましょう

乳幼児児童心理学で言われているのは、
人と人との信頼関係を育み
愛着形成を行っておくには
3歳までの関わり方が
大変重要だと言われています。

 

 

愛着形成を怠ってしまうと
何か問題があると
すぐに心配になり、
自分に自信のない
おどおどした人間か
攻撃的な人間に
なってしまう傾向が
あると言われています。

 

 

生まれてから3歳までの教育が
後の人生に多大な影響を
与えていくのです。

 

 

その為には手指を使った活動で
自信をつけ、問題が起こっても
自分で解決できるように
導く、サポ―ターになるのが
親の役割なのです。

 

ただかわいがるだけでは
愛嬌が良いだけのお子さんになり
これも自信のないお子様に
育ててしまう結果になってしまいます。

 

 

 

 

3.3歳までに運動の敏感期とも言われています。運動は脳の活発化にとても影響があります。

 

 
モンテッソーリ教育 線上歩行
 
これは線上歩行と言って
線の上をハイハイしていく
運動遊びです。
 
 
 
外に出ると大人でも
白線の上や縁石の上
タイルのい色を選んで
歩きたくなることが
ありませんか?
 
 
 
実は線の上を歩く事は
数学的頭脳を育てていく事を
ご存じでしょうか。
 
 
頭の中を整理して考えていく
考え方を鍛える為に
このような規則を持たせた
運動で機能を高めて行きます。
 
 
運動と脳も連結されていると
いうことなのですね。
 
 
IMG_61740歳児の運動遊び
 
様々な運動遊びで
脳を活性化していくと
すぐに目に見えて
賢くなっていくのがわかって
感動すら覚えますよ。