『手指は第2の脳』0歳児でもできる頭のよくなるアプローチ法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 
まだ、自分から動かす
ことのできない
赤ちゃんでも
手指を動かして
脳をバランスよく
働かせることが
できます。
 
 
その結果、運動、
知能、人格
あらゆるところに
効果を発揮して
いきます。
 
 
このように
ヘアゴムを
赤ちゃんの指に
ひっかけて抵抗を
感じるように
ひっぱると・・・。

 

育脳 0歳児

赤ちゃんは抵抗して
指を握って引っ張ります。

 

1本の指だけ曲げる
運動はとても
高度な働きかけです。

 

これを1本ずつ
左右の指すべてに
行っていきます。

 

自分の意志を持って
1本1本の指を
動かすことができる
ようになると
複雑な動きができ
器用な技術も難なく
こなせるようになります。

 

まだ反射的に握ってしまう
能力が残っているうちに
こうした働きかけをしていくことが
大切です。

ガラガラを握らせて
ひっぱるとすぐに
手を離してしまう
ようなら、働きかけが
足りないのです。

 

ちょっとした隙間時間に
歌でも歌いながら
楽しくアプローチして
あげたらさらに効果的ですよ。