ボタンかけ等しつけ方はお子様がわかるように伝えましょう

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤 美佳です

 

 

昨日は”ひも通し”は
いくつかの動きが
合わさっていると
お伝えしました。

 

そもそも、何で”ひも通し”が
活動に必要か。

 

それはこのような活動を
まず欲する時期があると
いうこと

 

そして、それは発達に必要だから
生命のプログラミングに
添って求めていること

 

それをすることによって
手先の筋肉が鍛えられ
脳を刺激し、自立へと
成長していくからです。

 

とにかくはまる時期には
夢中になって取り組みます。

 

でも、最初はやって見せることが大事です。

 

①まずひもを持って
通すところをゆっくり見せます。

 

 

穴からひもが出てくると
そこが気になり
よく見ています。

 

こどもは突起していると
つまみたくなるので
その欲求を刺激します。

 

ツンツンとひもの先を
揺らして刺激します。

 

 

そしてビーズを右手に持ち
かえます。

 

持ち帰るのはとても
難しい部分ですから
ゆっくり見せてあげるのです。

 

このようにして一つ一つの動きを
分解して見せることが大切です。

 

見せる時には
説明はせず
だまってやって見せます。

 

しつけをさせようとする時は

わかるようにやってみせる

 

これを意識して伝えると
一人でできることが
多くなりますよ。

 

 

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール