どうしてできないの?!その理由は

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

「どうしてできないの?!」

何回言ったらわかるの?!」

「ちゃんとして?!」

 

子どもに対してついつい
言ってしまいがちな言葉です。

 

特に時間に追われている時等
無意識に子どもに浴びせてしまう事も
多いと思います。

2335132260_380fcf0eb8

子どもも賢くて
いつも言われていると
その場しのぎにそれ以上
言われないように行動するか
聞き流す技術を身につけるかして
ちっとも改善してはいきません。

 

どうしてできないのでしょうか?!

 

それはどうやってやったらいいのか
分からないのです。

 

私が子ども達と接していていつも
思うのは、

 

子どもはやり方さえわかれば
自らやりたくなる衝動にかられる!

 

誰かがわかりやすく教えてくれれば
やってみたい!と意欲的に
挑戦し、自分を高めたいと
本能が欲する

 

こういう場面を沢山見てきました。

 

例えば、ボタンかけ一つでも
最初仕組みがわかっていないので
ただゆっくりとやって見せる

 

特に小さい子は
目で見る事と
耳で聞く事を同時には
できないので

 

しゃべらずにやって見せる

 

これだけで十分伝わると思います。

 

やり方がわかると目がキラッと
光り「自分でやる!」と
言いますよね。

 

でも親もどのように教えたら
わかってくれるのか
どのように伝えたら

理解してくれるのか
わからないから
困ってしまうもの。

 

そして、上手く教えられない自分が
不甲斐ないと自己嫌悪に陥っています。

 

そのモヤモヤを「何やってるの?!」と
子どものせいにしてしまうこともあります。

 

だから、まず、私たち親が
効果的な教え方を学ぶことが
大切だと思います。

 

親というものは
人を育てる立派な事業
です。

 

真の人育てを学び
お子さんの

『子どもって本当はこんなに
凄いんだ!』を発見していきましょう。

 

セミナースクールでは
こうやって伝え・見守れば
子どもはどんどん伸びて
いくのだということを
お伝えしています。

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール