保育現場の現状は遅れています

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

保育現場の現状は遅れています!
まだ、昔ながらの保育をしているところが
ほとんどです。

illust4031thumb

だからこそ、親が学ばなければならない
時代になって来ています。

 

幼稚園で事務をご担当の先生が
セミナーにいらしてくださり
その後、現場で実践されたご感想を
頂きました。

 

ーーーーーーーーーー

 

前回、セミナー参加後、
伊藤先生に見せていただいた
おもちゃをいくつか作ってみました。

 

職員室の自分の席のそばにそっと
置いてみたところ、こどもたちが
遊びにきて楽しんでいます。

 

 

おもちゃがあることを知っているこどもは
毎朝・昼と職員室に遊びに来ています。

 

 

3種類のおもちゃ用意しまして、
1つのおもちゃでいろんな遊び方が
でき、集中して遊ぶ子もいます。

 

 

ビー玉入れは年中さんや年長さんでも、
何度もビー玉を入れて集中して
遊んでいます。

 

 

おもちゃも毎回同じ動き方を
しないので、それも面白さの
ひとつなのかもしれません。

 

 

ほんの少しですが、おもちゃを作って
みて今、お部屋のこどもたちの遊びや
おもちゃなど、こどもたちにとって
何が良いのかを再度考える機会が
必要だと感じました。

 

 

こどもたちの心の成長や感性は、
私たち大人の環境設定次第で
変わっていくのかもしれないと思うと、
わたしたちも日々成長していかなければ
ならないですね。

 

 

現場の先生方とそんなお話ができ、
皆で少しずつ、学んで広げていけたらと
思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

保育の現場で発達に添った子供が夢中に
なる道具メソッドのことを知っているプロは
残念ながらあまりいません。

 

 

昔ながらの遊びで良しとされている現場が
ほとんどです。

 

そして、関わり方も正そうとするやり方が
まだまだ主流です。

 

 

教育現場は遅れています。

 

 

今の社会の流れを知って、未来を見据えた
教育をしていかなければ今の子どもたちは
将来大変なことになってしまいます。

 

ただ元気に楽しく育てるだけでは
お子様自身が苦労することになります。

 

先ほどのご感想で職員室に道具を置いたら
毎朝職員室に今日お子様たちがいる

 

この事実は何を示しているでしょうか。

 

お子様自身が求めているのです。

 

自分を成長させるために何が必要か

 

子どもは知っています。

 

お子様の成長の為に
新しい教育法を学んで行きましょう!

 

 

その責任はあなたに託されていますよ。

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール