息子の目がウルウル~と「なんか涙が出ちゃった」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です
 
 
限定シークレットセミナーへの
お申し込みを多数頂きありがとうございました。

お振り込みをされた方から
お席を確保させて頂いていますが
5月はここでいったん締め切らせて
頂きます。

 
乳幼児期の子育ては一生を左右する
 
これを痛感しているからこそ
今、お伝えしたいと思っています。。
 
また、機会がありましたら
聞きにいらしてくださいね。
 
さて、またほのぼのとした
嬉しいご報告をスクールの生徒さんから
頂きましたのでシェアさせて頂きます。
 
 
ーーーーーーーーーーー
先日、先生に聞いていただきたいことが
ありました。
 
 
夕飯を食べるときに、息子のサラダに
私がドレッシングをかけた時のことです。
 wysiwyg_e96bd8f51d240a1f2b03
「自分でやりたかった〜」
 
と言うので、どうせ、ドバドバーっと
かけ過ぎてしまうんだろうな…と
思いつつも、
「じゃあいいよ、ママ少ししかかけて
ないからかけて」
とやらせました。
 
案の定、ドバドバーー!!っと
出てしまい、ついつい私も
「あーあ、だからさっきママが
やったのよー」
と、軽く言った後に、ふと、
「まあ、そういう時もあるよね。
かけたかったんだもんね」
と、普段にはないフォローの言葉を
かけました。
 
その瞬間、ハッと私の顔を見て、
目がウルウル〜とし、
「なんか涙が出ちゃった」と、
涙を隠すそぶりを見せた後に、
「ママのこと大好き」と。

おそらく、きっと普段ならついつい、
「あー、もう、だからママがやったのにー」
くらいのことをチクリと
言ってしまっていたので、
本人もそう言われるのを覚悟して
いたんだろうな、

 
 
でも私が共感の言葉をかけたから
びっくりして嬉しく思ったのかな?と
思い、今まで、私の小言などで
一体どれだけ傷つけて、
自信をなくしてしまっていたんだろう…と、
悲しく、切なくなりました。
 
まだたった4歳と思っていたけど、
先生がおっしゃる通り、立派な一人の
人間なんだということ、そして、
「共感」は、あらゆる場面で役立つのだと
いうことを痛感させられました。

私からしたら、ドレッシングを
かけることなんて本当に些細なことですが、
息子にとっては、ワクワクする、
新しいことなのかもしれませんよね。

 
ちゃんとかけたかったのにドバドバーっと
出てしまい、内心がっかりして
いたのかもしれません。

この考え方ができるようになったのも、
先生のおかげです。

 
せっかくたくさんのためになる先生の教えを
伺っていながらも、ついついイライラして
しまったり声を荒げてしまったりと
かなりの劣等生な私ですが、
また気持ち新たに頑張ろう、
この子の立場に立って考えてあげよう、
改めて思える出来事でした。

ついつい長くなってしまってすみません…
いつも先生のメルマガに励まされたり、
スクールで習ったことを思い出したりの
毎日です。

 
これからも引き続きお世話になりますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

 
 
 ーーーーーーーーーー 
私はこのメールを読んでウルウル来ちゃいました。
 
お子様の純粋さに胸を打たれ本当に
素敵だな、と思ったのです。
そんな姿に素直に感動していらっしゃる
ママもとても素敵なお母さんです。
普通は流してしまうところですが
共感を意識されただけでなく
その後の息子さんの涙に
真摯に心を留め、ご自分を
振り返って新たな気持ちになられている事が
とても素晴らしいと思います。
誰でも上手くはできません。
でも、少しでも振り返り、
次に活かしていくという
意識を持つだけで変わって行きます。
ほんの些細な積み重ねですが
お子様が偉大なる自信を持って
人生を切り開いていくための
土台作りは今!なのです。
お子様を信じましょう!
そして、ご自分も大丈夫!と信じましょう。
今日も素敵な一日を!