静と動とのバランスで能力UP!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

 

今、沖縄に来ています。
私は湘南生まれ湘南育ちなので
海が大好き!

いつもはダイビングをするのですが
今回は仕事がつまっていて
海を眺めながら頭を働かせています。

 

考える仕事は脳を沢山使うので
とても疲れます。

 

疲れたらリフレッシュして復活!
繰り返しているのです。

 

子供達も同じです。

 

子どもは元気に伸び伸びと
身体を動かしていればよい

 

と何となくイメージしていますよね。

 

でも、私は園児たちと関わっている
うちにそうではないことに
気づきました。

 

子どもは成長することを求めている

 

しかも、
身体だけではなく
考えることを求めている
ことに気づきました。

 

朝、登園した時に、部屋でまず
集中できる遊びに没頭した子
その後の活動がすべてスムーズ
行くことにある日気づきました。

 

脳を集中して働かせることが十分に
出来たこは、他の事にも集中できます

 

そして、自分の興味のあることに
没頭しやり切った子供の顔つきが
凜として変わって来ます。

 

自信にあふれてくるのです。

 

そうなると、やる気や色々なことに
挑戦しようとすることが増えてきます。

 

これは生まれたばかりの赤ちゃんから
同じこと

 

人は命を与えられた時から
成長したい!自分の能力を発揮したい!と、思っているのですね。

 

その能力が人の役に立つように・・・

 

皆、それを願っています。

 

ただ、やみくもに集中する遊びばかりを
求めているわけではありません。

 

そのバランスが大事です。

 

集中したらリラックス

 

静と動と組み合わせて生活すると、
一日の効率も大幅にUPするのです。

 

さて、先日セミナーに来てくださった
ママが鉛筆の持ち方を教えるのには
段階が必要だと気づかれ
早速挑戦され、ご報告頂きましたので
シェアさせていただきます。

 

ーーーーーーーーーー

先日はためになるセミナーに
参加させていただきどうも
ありがとうございました。

 

先日のセミナーで、ずっと鉛筆の
正しい持ち方を教えているのに
全然持てなかったのは、正しい段階を
踏んでいなかったからだと知り、
目からウロコでした。

 

早速手先を使わせるべく、
口の細いビンと、様々な大きさや
形の木のビーズを買い、
ポトンポトンと落として見せると、
すぐに、自分がやる!といって
始めました。

 

ここ数日はそれにハマっており、
今日また鉛筆を持つ事があったので、
持たせてみると、なんと今までで
1番上手に持てました!

 

こんなにすぐに効果が出るもの
なんですね。

 

ほんとにびっくりです。

 

今度は小さなトングと
柔らかいボールや、洗濯バサミなども
買ってやらせてみようと思っています。

 

本当に、親のちょっとした働きかけが
大事なんだと思いました。

 

どうもありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーー

 

お子様がどこにつまづき
何を求めているのかを
見極めるには観察力が大事です。

 

ただ、何かを訓練すれば良い

 

というわけでは決してありません。

 

これをしてしまうと
逆効果!

 

そこを踏まえた上でお子様に
バランスよく与えてあげることが
できたらあなたの
お子様は自ら成長しようと
輝いていくことでしょうね。

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール