お子様の『ひらめき』が発想力を生み出す力になっていきます

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です
 
 
今日は遠くドイツからお便りを
頂きました。
 
fffffffffffff.JPG
ーーーーーーーーーーー
 
 
毎日メルマガを楽しく拝読しています。
 
 
朝起きて届いているか
確認するのが楽しみになっています。
 
 
私は2年前に国際結婚し、
ドイツで育児をしています。
 
 
昨年の8月に息子を出産し、
来月で一歳になります。
 
 
 
ドイツに住んでいるため
将来の日本語の習得に不安を
感じていて、ネットで情報検索
していたところ、伊藤先生の
サイトを拝見し、メルマガに
登録させて頂きました。
 
 
伊藤先生のメルマガを読んで、
いたずらには意味があることが
分かり、息子を観察するのが
より楽しみになりました。
 
 
伊藤先生の本も一気に読んで
しまいました。
 
 
ドンピシャなタイミングで
息子がタンスとタンスの間の
隙間に物を落とし込んでいて
なんて面白いことをするんだろうと
思っていたところだったため、
この本を読んでいて思わず
なるほど〜!と叫んでしまいました! 
 
 
 
早速ポットン落としのおもちゃを
作って見ました。
 
 
残念ながらこちらには日本の
ような便利な100円ショップは
なく、タッパーなど安く
手に入らないので、ダンボールで
蓋を作り、ペットボトルの蓋を
いくつかテープでくっつけて
それを穴に落とすおもちゃを
作ってみました。
 
 
このおもちゃで何日か遊んで
いたところ、穴という存在に
気づいたのか、側にあった
サランラップの芯の穴に
ペットボトルの蓋を落として
ちる様子を覗き込んでいました。
 
 
その光景を見ていた時、
これが子供がひらめく瞬間
どんどん遊びを展開していく
スイッチが入ったのかも!と
とても興奮しましたし、
感激しました! 
 
 
当初心配していた日本語の
習得ですが、メルマガで
赤ちゃんの吸収能力が
凄いことが分かり、
フラッシュカードや漢字など
毎日少しずつ息子に見せています。
 
 
カードが見えた瞬間目が輝き、
ある時は正座をしてカードを
食い入るように見ていました。
 
 
目から情報を取り込むのが
好きなのかな?と感じています。
 
 
焦らず毎日少しずつ続けて
行こうと思っています。
 
 
息子の学びたい、成長したいという
本能を無駄にしないように
今後も息子を見守っていきたいと思います。
 
ーーーーーーーーーーーー
 
 
お子様のひらめく瞬間!!!
 
これをどれだけ経験させて
あげられているでしょうか。
 
 
これから15年後には今ある職業の
ほとんどがAI(人工知能)に
奪われるとまで言われています。
 
 
という事は、新しい産業を
生み出していくことが必要になりますね。
 
 
でないと、誰でもできる仕事
今ある仕事はなくなっていって
しまうのですから。
 
 
お子様が成人になって社会人に
なった時に、困るのは目に見えています。
 
今ない産業を生み出す力が
求められて行きます。
 
 
そんな時に読み書き計算ができ
知識があるだけでは
0から生み出す発想は生み出せません。
 
 
知識は勿論の事、どれだけ遊びを
経験しているかどうかなのです。
 
しかも、遊びというのは今まで
イメージしていた、伸び伸びと
身体を動かして遊ぶ
だけではありません。
 
自分の頭で考えて、試行錯誤し
やり遂げていく力
 
あらゆる分野からの刺激・経験
 
 
これらが組み合わさって
土台が作られて行きます。
 
 
だからこそ、9つの分野からの
アプローチ法が欠かせないと
思っています。
 
 
しかもそれは3歳までという有限なのです。
 
 
生まれた時からおうちでできる
アプローチ法を実践して
未来を生き抜く力をつけてあげましょうね。
 

お子様の溢れんばかりの成長したい
意欲が消えないうちに・・・。

  

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール