お子様の食の悩み、ありませんか?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です


最近は娘に食事を作ってもらっている私


そのせいか体調が崩れない!



それもそのはず!



ナント、ずっと起業家仲間として
仲良くさせて頂いている
黄金の食事法 上原まり子さんの
お料理教室に娘が通ってから
意識がガラッと変わり食生活を
見直したからです。



20727712_1612527592114968_1601150287_o.jpg
(左下の方が上原まり子さん)



しかも、

「新鮮な野菜しか食べない」

「どうしても嫌がって食べない」

 

こんな報告をママたちから
受けると


本物の食事を子供は
わかっている!?


と思わざるを得ないのです。

 

子どものもともと持っている
能力を輝かせるために
遊びや関わり方をお伝え
してきましたが、本物の
食事からも必要なんですよね。

 


まり子さんの食事は本当に美味しいんです。


乳幼児期の味覚はとっても大事!



この頃の味覚は生涯影響しますから。


まり子さんからの
メールレターです。


ーーーーーーーーーーーー

食事に興味がない、

あまり食べない



などお子様の食の悩み、ありませんか?



母親なら誰だって、子供には
健やかでいて欲しい、

心も体ものびやかに育って欲しい・・

そう願いますよね。



毎日の食事で、もっとお子様が
元気に幸せに過ごせる、

そんな方法を今日は
ご紹介しますね。




お子様の食事は薄味が基本。



まだ臓器が小さく重たいもの、

濃い味のものは

消化が難しい。



ですから離乳食も、おかゆ
(植物性のもの)

(味をつけない、塩分なし)から
スタートします。




味覚はしっかり持っています
(変な癖がついていない


子供は大人より繊細な舌を持っています!)

 



味をつけなくても
おっぱいの味、穀物の味、
甘さがしっかりわかるんですよ。



しかし、色々なものを食べられる
ようになり、
外食や外で買ったものが
多くなると・・・

 

濃い味に慣れてしまい、そればかりを
求めるようになることも。



刺激は、「もっと、もっと」を
引き起こします。



もっと甘いもの(お菓子 砂糖)
もっとしっかりした味のもの

(唐揚げ ハンバーグ カレー)
こってりした油っぽいもの・・・



本当はこれらの強い味のあるものは・・
喉が渇き、刺激が強く、消化に負担をかけます。



消化がきつくなると、
体も疲れ気持ちもイライラしてしまいます。



夜泣きやぐずり、原因
食べ方が満たされていない場合もあるのです。




柔らかく炊いたご飯やかぼちゃや人参
など自然に甘い野菜 それらを味付けなしで
あげると、満たされる、ピタリと合う・・



赤ちゃんや子供たちが大好きなものです。



子供の欲求を生理的に満たしてあげること。



それはお母さんの愛情、スキンシップ
そして的確な食事。



食事が子供さんにあっていないと



残す

遊ぶ

関心がない

食べない

風邪をひきやすい、

不機嫌なことが多い



という状態になっていきます。




本当に子供が欲しがっているものは?

習慣ではなく
(習慣は親がつけてしまったもの)
生理的に、子供が必要とする力は?




それを学ぶことで、もっとお子様が
喜んで食べる、元気をつける食事が
用意できますよ。



友人の上原まり子さんの
料理教室マクロウタセでは、
マクロビオティックをベースに
食べる人それぞれに
合わせバランスを重視した
「黄金の食事法」を伝えていらっしゃいます。



働き盛りのご主人
美容やダイエットがきになる奥様
育ち盛りの子供



みんな、食べたいものが違って
困っちゃう。
そんなお悩みはスイスイ解決!
だそうです。




家族みんなの必要なエネルギー
バランスの取り方・・



そんなお勉強をしながら、
オーガニックのヘルシーな
お料理を学びます。



素材の味を生かし、シンプルな味付け
なのに美味しい!

子供が驚くほど食べる!



これは、子育てと同じ

たくさんのものをプラスしない
(ソース、マヨネーズ、ケチャップ
がないと食べない・・は逆ですね)



その子、その素材の良さを見抜き
とことん生かしてあげる手法なんです。



子供の輝きを見逃さず、見守り育てる
ことを実践している皆様なら、
料理も是非その視点を持ってみてくださいね。



今までより優しい・・ホッとする・・求めていた・・
体の奥から喜ぶような料理が出来上がります。




手をかけてあげたい料理・

家庭の味、とても大事です。
お母さんの手料理、子供が大きくなっても
ずっと記憶に残ります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

時間がなくてもさっとできるものも
いっぱいあるそうで、
忙しい人にはお鍋一つで5分、10分
でできるレシピもあるのよ~と

まり子さん。



アレルギーがある子にも
受け入れやすいレシピは

乳製品、白砂糖、お肉、卵、魚を
使っていません。



一緒に食べるとママのお肌もツヤツヤに
なります。

たっぷり食べても太りません、
疲れません!



疲れなくなった
集中力がアップした
綺麗になったと
喜びの声が続出。



美味しい、もとても大事に
していますから

味気ない、という心配はありません。



動物性のものを召し上がる際の工夫、
バランスの取り方 負担をかけない
方法なども
学べるとのこと、
マクロビだから厳しい!と
構える必要もありません。




美味しく、楽しく
そして心地よく。




是非、お料理の力をご家庭で
子育てで
活かしてみてください。



マクロウタセの生徒様のお子様は・・

・安産

・夜泣きなし

・穏やか

・優しい

・機嫌が良い

・よく食べる

・便秘や下痢をしにくい

・風邪やインフルエンザにかかりにくい

・そして・・内緒ですが 頭もいい!

・大きくなっても自分の世界を
しっかり持っている


流されない



子ばかりなんですって。



その秘密はこちらに・・毎朝、
気持ちよく一日が始められる



黄金の食事法メールマガジン

http://daidokorokakumei.com/?p=260

 

身体からも輝く毎日を!