メルマガを読んで子育てが楽しくなったママ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

とても丁寧にお子様と
関わっていらっしゃるメルマガ読者さまからの
ご感想です。

ーーーーーーーーーーーーーーー 

伊藤先生
初めてメールさしあげます。
こんにちは。

 いつもメルマガを楽しく拝読しております。
楽しく、というのは語弊があるようにも
思われますが、育児が楽しく感じて参りましたので、
やはり「楽しく」が相応しいかと思っています。

私には一歳五ヶ月の娘がおります。
昼間は二人きりで過ごしており、
抱っこもオッパイもたくさんしてきたので、
夫には甘えん坊になるぞーと言われていました。
でも、私はたくさん抱っこして、自分は愛されている
という実感を持てる子に育って欲しかったので、
続けてきました。
それが間違ってはないように思われたメルマガでした。
ホッとしました。
 

今日は娘が道で転び、唇を切ってしまいました。

 

WS000205

 

荷物を持ち直そうと私が繋いだ手を、
娘の心と体勢の準備が整う前に、離してしまったからです。

慎重な性格の娘は、慌てて転ぶことが余りありません。

私は、娘の腫れた唇を見ながら、とても反省しました。

夕飯時には、唇が痛いはずなのに、
美味しい?と聞くとウンウンと笑顔で頷く姿に
涙が出そうになりました。

先日、子どもの行動には意味があるという旨のメルマガも
とても納得しました。
(私は以前、中学教員をしており、ヤンチャな中学生の
ヤンチャな行動には、彼らなりの精一杯のメッセージが
あることを身を持って知りました。小さな子どもでも
そのような何かしらの意味があるのですね!)

行動の奥にある心を、しっかりと見ないといけませんね。
今回の娘の転倒も、手を離すタイミングが、娘の心と
一致していたら、起こらなかったように思います。
親の都合で、一方的にコントローしようとしたり、
急かしたりするのは避けたいと強く思いました。

転倒後、伝えたいことはしっかりと伝えて、娘が理解したと
分かってから行動にうつる
と、娘も今までよりイキイキして
みえました。

 

実際、夜には、「ウンチしたら教えてね」と
言って暫くしてから、私の手を引っ張りオムツを取り出して
きました。なんとお尻をみると、ホクホクの便が!
初めてウンチを教えてくれました。

子どもの事をもっと信頼して、私自身は落ち着いて育児を
していこう
と心に誓った次第です。

長々と書き連ねて申し訳ありません。
これからもメルマガを楽しみにしております。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

親のひとりよがりにならない
子どもの気持ちをくみ取った
子育ては案外楽しいものですね。

 

ちょっとしたこちらの都合を
視点を変えて子どもの
気持を考えてみる

案外次なるステップが見えて来ますね。