ママ必見!絵本は速くめくって多読してください

Share on Facebook
Share on LinkedIn

先ほど、スカイプで個別相談でした。

 

九州の方でしたので、スカイプにて
3歳までにできることを
お伝えしました。

 

その方はメルマガを読んで下さっていて
こんな嬉しいご感想をくださいました。

ーーーーーーーーーーーーー

教育関係のメルマガを沢山読んで
いますが、伊藤先生のように
具体的にどうすれば良いのかを
詳しく書いてあるメルマガは
他にありません。

ーーーーーーーーーーーーー

と言ってくださり、テンション
上がりました(笑)

 

 

もう少し突っ込んで伺ってみると
他のメルマガはどうしたらよいとか
書いてあるのですが
では、実際になにをどうしたらよいかを
書いていないのでわかりにくいと
おっしゃってくださいました。

 

ですので、もっと、具体的な活動を
ご紹介していきたいと思いました。

そこで今日は9つの分野からの
活動を一つ一つご紹介していきたいと
思います。

 

私は人の能力には
9つの分野に分かれていて、
バランス良く刺激を与えることが
大事だと思っています。

 

今日はそのうちの
1.言葉についての遊びのご紹介です。

 

3歳までのお子さんに沢山語りかけることで
語彙力も豊富になり
お話しも早くなります。

 

 

自分の思いを人に言葉にして
伝えることができると
人生は豊かに楽しく生きる
ことができます。

 

 

その為には今、吸収できる能力が
あるうちに沢山の語彙を
インプットしておくと
言葉が出始めるのも
早くなりますし、
気持を伝えることができて
ストレスがたまる事も
ありません。

 

語りかけにプラスしてするとしたら
絵本の多読をおススメします。

 

まだ、ストーリーを理解するというよりは
ただただ見る物、見る事をインプット
していくので、
絵本の1ページを1秒
めくって見せていきます。

 

何冊も見せていきます。

 

これだけ!

 

図書館で借りて来ては
新しい絵本と取り換えて。

 

これだけで、沢山の情報を
飽きさせずにインプットしていきます。

 

無理やりやらせたり
見せたり、嫌がっているのに
追いかけたりしないでくださいね。

 

勉強嫌いのお子さんになってしまいますからね。

 

何気に絵本をふっと見せるのです。

 

覚えているかどうか
絵本をみているかどうか
座っているかどうか

全く関係ありません

 

すべて吸収しているものと思って
言葉も全部読まなくても良いです。

 

速読して多読、することも
ありだな、という認識で
やってみてくださいね。