「ダメ」と言っちゃいけないんですか?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

おとといから東京第1期
インストラクター養成講座を開講しています。

 

31895399_1889651824402542_664157271453859840_n.jpg

 

今回も妊婦さんが参加してくれています。

生まれてすぐからできる
アプローチ法も沢山ご紹介しているので
やれることがわかって心にも
余裕が生まれることでしょう。

 

さて、その中でご質問がありました。

 

「ダメってつい言ってしまうのですが
ダメと言ってはいけないのですか?」

 

「ダメ」と言わなくてはいけないので
命に危険がある時です

 

緊急に止めなくてはならない時は
すぐに「ダメ」と言って止めてください。

 

例えば道路から飛び出して車に
ひかれそうになる時などは
すぐに止めますよね。

 

ただ、次回からはそのようなことが
ないように、事前に止まってほしい
場所で「ここは止まるよ」と
伝えておきます。

 

角に来たら見えてなくても車が
走って来て、飛び出したら
ひかれてしまうことを伝えておきます。

 

なぜ止まらなければならないのか
そのために具体的にどうしたらよいのか。

 

この2点を伝えておきます。

 

そのあと、言わなくてもできるかどうか
試します。

 

ちゃんと話を覚えていて
自分で止まれたら「自分で止まれたね」と一言伝えます。

 

それだけで次からはちゃんと止まって
くれるようになりますよ。

 

色々なケースがあると思いますが
なぜダメなのか、そしてお子様のその
行動を止めるのではなく、発達の為に
必要だからやっているのだと理解し
代わりにやらせてあげる方法は他に
できないか、を考え、そちらへ誘うのです。

 

その発想力や転換力が必要となります。

 

それには訓練しかありません。

 

いつもその場で発想を180度変換し
何なら他の代用方法があるかな?と
いつも考えていると、ある時から
すぐに発想転換ができるようになりますよ。

 

実はその能力こそ、これからの時代に
求められると言われている発想力です。

 

ママがその力をつけることで
お子様も問題があってもすぐに
解決できるような地頭が育って行きますよ。

 

ここで余計なことは
「ほら言ったでしょう」
「止まりなさい!!!」
「何回言ったらわかるの?」

 

などと声を荒げて怒らない事です。

 

怒られると人は恐怖や不快感で
それをさけようとする方にエネルギーを
使います。

 

ママ恐い・・・。

 

と思わせてしまうと
本当は止まってほしくて言っているのに
『怖い顔をしないで』
『怒らないで』

 

こちらに意識が向いてしまって
本当にしてほしいことまで
意識しなくなるからです。

 

そのうち言われすぎると
「もううるさいなー!!!」と
聞く耳すら持たなくなります。

 

だから「ダメ」という伝え方は
効果がないのです。

 

効果がないばかりかやらない方向へ
向かってしまいます。

 

自分から気づいて行動してもらうために
正しい伝え方があるのです。

 

色々なケースがあるので
様々なケースに対しての具体的な
言葉や関わり方を学べるのが
輝きメソッドです。

 

なかなか伝わらない
言っても言う事を聞かない

 

としたら、それはもう古いやり方で
無理やりやらそうとしていませんか?

 

私たちは昔の教育を受けて
育ってきましたから、これからの
社会へ適応できるしつけ方を知りません。

 

私もそうでした。

 

「ダメ」と言わない他にナント
言えばよいのかわからなかったんです。

 

だから「ダメ」と言わないという事は
習ったけれど、どう言ったらよいのか
わからず無言になってしまう時期も
ありました。

 

それを変えてくれたのは
コーチングのコミュニケーションでした。

 

モンテッソーリだけでは
実際の言葉まで学べることはできませんでした。

 

コーチングの研修でどんな場合も
法則に従って子ども自ら動いてくれる
ようになるコミュニケーション術を
学んだのです。

 

勿論、モンテッソーリ教育の
考え方とピッタリ合っていたからでした。

 

同じ考え方なんだ!と気づいた時には
感動でした。

 

すぐに子供たちにも実践していった結果
子ども達にも通用することがわかりました。

今も私の子供たちにも使っています。

 

やはり言葉の使い方もとても大切ですよね。

 

お子様に実際に効果のある
言葉の使い方を具体的に伝え
られるのは輝きメソッドしか
ないでしょう(笑)

 

昨日もインストラクターが
以前セミナーにいらした方に偶然
会って「うちの息子がTVの時間を
守れるようになりました。先生に
言われた通りにやったから」と
感動してお礼を言ってくださって
メチャクチャ嬉しかったと言ってくれました。

 

効果のあるやり方や言葉を持つと
自分にストレスがなくなりますね。