自分の子供にiPhoneを与えなかったスティーブ・ジョブズ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

「うちの子どもたちは、まだ使った
ことがないんだよ。家では、
子どもたちがテクノロジーを使う
時間を制限しているからね」とジョブス氏は言います。

 

ジョブス氏は、毎晩キッチンにある
大きな長いテーブルで必ず夕食をとり、本や歴史、その他あらゆることについて彼の子供たちと話していたそうです。

 

便利な道具が子供達の創造性を
奪ってしまう可能性があるということを
わかっているからなのです。

 

今存在していないもの
「何もなかった時代」から創造し
製品を作ってきたその過程には
抽象的な考え方ができることが大事だと
言われています。

 

昔からあった遊びあぶくたった』
は実際に言葉でイメージをして
食べたふり、寝たふり、など
ごっこ遊びをしながらゲーム感覚で
楽しさを味わいます。

実際にはない事柄をイメージして
物語を想像しながら行動する
このような遊びが抽象的な考え方を
鍛えていきます。

 

実は、
文字を理解すること
数字を理解することも抽象的な
考え方になります。

 

「像」と文字を見ても子供は実物を
知らなければただの記号です。

 

像を絵や実物で見るから
「像」という文字を見て、イメージ
できるようになるのです。

 

「3」という数字も数を経験して
いなければただの記号です。

 

でも、「3」が実際にはどのような量で
どのように言われているかを聞いて、
見て、経験するからわかってきて
「3」という数字を見ても
イメージできるようになるのです。

 

こうやって抽象的な考え方を
楽しみながら経験をしていくと
沢山の経験の点と点がつながり
線になり、具体的なイメージができる
ようになり、結果新しいことを
生み出す発想力や創造力を発揮するようになります。

これからの時代にまさに求めらるのは
この創造する力なんです。

 

そのために、今大事なことは
楽しみながら感性を揺さぶる経験を
することです。

 

9つの分野からの遊びは
様々な分野の遊びを経験することに
よって、抽象的な考え方が
身につくためでもあります。

 

バランス良く経験できたお子様は
これから先の学習の段階になって
土台が築かれているので
理解度や応用力がさらに伸びていく
ことでしょう。

 

9つの分野からおうちで実践できる
遊びは輝きメソッドアドバイザー講座でお伝えしています。

 

昨日は大阪でも大好評だったとか!!!

 

以下、ご感想です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

沢山学びがあり こういう場が2人を
出産してから初めてで 何年振り?!
っていう位で、本当に嬉しかったです。やはり子どもの事を学ぶって
楽しいです。
皆さん少しでもよくしたい!と
同じ思いを持った方達と一緒に学べ
貴重な時間でした!ありがとうございました!

 

 

9つのメガネやケーススタディなど
今日家に帰ってすぐに試すことの
できそうな内容ばかりで
ひとつひとつが非常に勉強になりました。
中でも「共感」「約束を守ること」
「失敗した後の声がけ」は
これからずっと意識して大切にしたいと思います。
私が少しずつ変わることでどんな風に
娘が成長していってくれるのかも
楽しみです!

今後のことも話を聞いてくださり、
ありがとうございました。
今日参加させていただき、改めて
私もインストラクターの資格も
取得して悩んでいるママたちに私が
感じたような子育てへのワクワク感や
安心感を感じてもらえるような
サポートがしたいと強く感じています!

貴重な学びをありがとうございました!
またお話を伺う機会を持つことが
できれば嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーー

4月19日アドバイザー講座_9.jpg

などなどまだまだ沢山の喜びの声を
頂いた!と大阪のインストラクター
杉浦さんと貴田さんは報告してくれました。

輝きベビー®メソッド
アドバイザー講座

大阪申し込みはこちらから

東京お申し込みはこちらから

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール