幼稚園の先生も実践中!子供の欠点=才能

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

「天才」を呼び覚ますアプローチ法とは?!

この記事を読んだ未就園児教室を担当している
幼稚園の先生からご感想を頂きました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の内容はまさに今同じようなことがおこっています。
 
自分の仕度は全くしたがらないのですが
周囲の人に敏感に反応して
あっちこっちに飛び出て
会いに行っては話しかけて
時間が過ぎています。
 
 
正直困っているのですが、
確かに誰とも親しくなれるし
コミュニケーション能力が高いと思います。
 
 
この優れている所を認めて
上手く伸ばしながら何とか
自分から支度が出来るように
なるといいなと思いました。
 
 
ダウンロード (1)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
まさに、これを実践していったら
自ら、自分で状況判断できるお子さんが
増えていった事実を沢山経験しました。
 
 
今のお子さんの行動には
成長のために必ず意味がある
 
このことを信じ切る!ことが
そのお子さん自ら成長させる
大人の関わりなのだ!と
確信しています。
 
 
今のお子さんそのままを認めるとは
今やっている言葉や行動を
良しとして認めてあげることで
伸ばしていく。
 
 
その結果、マイナスと思われるところも
伸びていくのです。