ベビースクールで一斉授業中に・・・緊急事態発生

Share on Facebook
Share on LinkedIn

今日は美佳先生のベビースクールの日。

 

美佳先生のベビースクールでは、
「自由遊び」の時間と、
みんなで同じことをやる
「一斉授業」の時間があります。

 

ところが、一斉授業の時間に
「バルーンで遊びたい!!」
ワガママを言いだしたうちの息子。

 

1907625_837774149640350_193661758817895161_n

「今は別のことをやる時間だから、
後にしようね」と言っても、
「これで遊ぶ」の一点張りで、
ついに「うぇぇぇ・・・」と
泣きながら怒りだした。

 

 

あああああああ・・・・(ノω<;) 
このタイミングでワガママ言わないで欲しい。

 

 

と、私が思ったその時。

 

美佳先生が
「じゃあ、バルーンで遊びましょう〜ヾ(・∀・。)ノ」と、
さらりとカリキュラムを変更

 

ワガママが通った息子は大興奮ヾ(*≧∀≦*)ノ
でバルーン遊びを楽しみました〜♪

 

 

幼児教室は世の中にたくさんあります。

 

そして、おそらくどの教室も
素晴らしい内容なのではないかと思います。

 

 

でも、ここまで
一人一人の子供と
ママの心を見つめて、

緊急事態にも柔軟に
対応してくれる教室
ってあるでしょうか?

 

多分、他にはないと思います。

 

 

この対応ができるのは、美佳先生が長年幼稚園
という現場で磨かれた勘と技術と、
たくさんの愛情をお持ちだからこそ。

 

 

ワガママが通った息子は
ワガママな人間になるでしょうか?

 

大満足の息子の顔をみたら
「ワガママな人間になることは絶対にない」
と私は言い切れます。

 

 

気持ちを汲んでもらった経験をしたことで、
きっと息子は人の気持ちを汲める人間に
なると思います。

 

 

そして、私も気持ちを汲む
ということがどれほど大切なことかを、
身を持って経験させてもらいました。

 

 

 

美佳先生が教えてくださっていることを
要約するとするならば、それは
「ママから子供に愛をどうやって伝えるか?」です。

 

 

もちろん、表向きは”子供の才能を伸ばす”
という形をとっていますが、実際には
「正しい愛の伝え方」を教えて
くださっているのではないかと、最近感じています。

 

 

どのママも愛を持って子育てをしていると思いますが、
「愛が伝わっていない」
「愛を間違って表現してしまっている」

ために子供の才能や心を
損なってしまっていることがある
のです。

 

そして、かつての私も大きく心を損なわれた一人でした。

 

 

1人でも多くのママに、美佳先生のメソッドを知って欲しいと願っています。