【東京オリンピックに向けて変わる英語教育】

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

今は日本全国どこに行っても
外国人の観光客が増えていますね。

 

ますます日本の社会もグルーバル化がすすみ
学校で職場で一緒に過ごすことが
当たり前になっていくことでしょう。

 

そんななか、オリンピックも今年開催され
英語教育に関しての状況が変化しています。

 

一昔前までは中学校からの英語教育も
2020年度からは小学校3年生からの
英語教育が必修化される予定になっています。

 

それでも諸外国に比べると
日本の英語教育は遅い
と言われていますね。

 

実際、脳科学のデータでは
8ヶ月の赤ちゃんまで
RとLの発音の違いを
聞き分けられると言われています。

 

なので、できるだけ早い時期に
英語を身近な環境にしてしまうのも
手かなと思っています。

 

2~5歳の段階だと英語も日本語も関係なく
赤ちゃんは聴き取る力があると言われています。

 

早い段階で英語の会話に耳を慣らしておくと
英語習得もスムーズにいくでしょう。

 

うちの孫は10ヶ月ですが
英語のCDをかけながら
ママが一緒に歌っていますよ。

 

 

CDはかけるだけではなく
誰かが一緒に歌っていると
そのうちに口づさむようになります。

 

ただ聞き流しているだけではなく
一緒に歌うだけでインプットの
仕方が違うようですね。

 

生の声での英語のやり取りは
お子様にスーッと入っていきやすいの
でしょうね。

 

今年の夏にはオリンピックで海外から
お客様が来る絶好のチャンス!!!

 

挨拶だけでもかわせるように
親子でチャレンジできると
良いですね。

 

 





オンライン講座でおうちで学べます

 

セミナーのご案内

天才子育てセミナー

お子様連れOK!たった3時間で、お子様の天才スイッチONにする方法を学べます。

 

 

叱り方・褒め方セミナー

お子様連れOK!叱り方・褒め方を学んで、自信を持ってお子様と笑顔の毎日を過ごるようになります。叱り方・褒め方ポイント10ヶ条 を当日プレゼント致します。