満員御礼!!!沢山のお申し込みありがとうございました

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

3歳までに天才スイッチONにする 

輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

 

先日から募集しておりました

クリエイティブマミー講座

締め切り前ですが、

定員に達しましたので、

締め切らせて頂きました。

 

沢山のお申し込みをありがとう

ございました。

 

ママがまず

自分で考え判断し

問題を解決する力

沢山の情報の中から決定する力

発想豊かに想像する力

 

これを身につけることができたら

お子様もそうなっていきます。

 

だからまずママが変わることが

先決なんです!

そんなところをサポートして

いきますね!

 

 

さて、ところで先日は子育て講座を

開催していました。

 

その中で受講者の半分くらいの方が

「左右を考えないとすぐにはわからないんです」

とおっしゃっていました。

 

そんなにわからない方が

多いの?

 

と、驚きの事実でした。

 

なぜわからないのかを伺うと

「小さい頃、お箸が右!と

言われていたので、まず

お箸が気になってしまって

左右を考えるのが後回して

なってしまっている」

一人の方はおっしゃっていました。

 

その方は特に左利きではなかったので

強制的に直されたために

左右がわからなくなったわけではなく

多分、お箸と結び付けて

教えられたことが、

混乱してしまった原因かと思われます。

 

皆さんの中にも左右考えないと

わからない、と思われる方が

いらっしゃったら教えてください。

 

どんな風に思って左右を確認

しているのか、

 

また小さい頃にどのようにして

教えられていたのか

ぜひご両親に聞いてみてほしいです。

 

私が思うには

前後上下といった方向は

明らかに方向が違うことが

わかります。

 

でも、左右は同じなので

わかりにくいのですよね。

 

なので、混乱してしまうのではないか

と思うのですが、

 

でもだからといって

教えないのではなく

日常の会話の中に普通に入れて

左右を自然と覚えるように

してほしいのです。

 

 

例えば

「右足から履こうね」

「右から3番目の棚の中に入れようね」

「左に曲がりまーす」

 

などなど、

体験と言葉とを

結び付けて伝えること

して行きましょう。

 

強制的に左右を教えるという

意識は持たず、自然と方向を

伝えて行動とともに

インプットしてもらうように

していくことでお子様は

混乱なく覚えていくことでしょう。

 

これは赤ちゃんの時から

言葉がけとして自然に

取り入れてあげると良いでしょう。

 

ぜひ、お子様が自然と身につく

方法を考えてインプットさせて

あげてくださいね。 

 

 





オンライン講座でおうちで学べます