幼児が満足できるおもちゃは終わりのあるもの

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

自分で終わりがわかるおもちゃは
達成感を味わうことができ
自分でできたという自信につながります。

たとえばこれを見てください。

これはコインを穴に入れます。
コインの数は決まっているので
全部入れたらおしまい!
ということがわかります。

 

見通しを立ててやりきる

 

乳幼児期にこの脳の
使い方をしておくと
学習に入ったときも
同じ使い方ができます。

 

このようなおもちゃを
沢山準備してやらせたところ

 

落ち着いた子になった!
穏やかになった!
夢中になって繰り返しやっていた!
一人で遊べるようになった!
言うことを聞くようになった!

 

という報告を沢山受けています。

 

一つの作業を全うすることで
大きな満足感を得られる

 

この経験が人を正常に成長させます。

このように手作りでも作れますので
お家でも準備してみてください。

但し、年齢やレベルによって
ちょうど合う数、大きさ、材質
等、配慮は必要です。

 

お子さんの今にピッタリなものが
どういった物かが
わからなければ
メールいただければ
ご相談にのりますよ。





オンライン講座でおうちで学べます