指しゃぶりがやめられないって決めつけていませんか?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

昨日の英語deDance教室は
パパも一緒に踊ってくれていましたー!

 

まず、誰かが楽しそうにやっているのを
見ていると自然にやりたくなってくるのが
人間の性ですよね。

 

そのお手本はおうちではパパかママしか
いません。

 

見ていないものはできないんです。

 

本気で遊びにダンスに夢中になっていると
子どもは後からついてくる!

 

というのは勉強も仕事も遊びも
同じではないかしらね。

 

sss.JPG

 

来週からはお子様だけお預かりして
やってみようかと検討中です。

 

心を開放して自分の表現に夢中になる
経験を沢山味わってほしいな。

 

さて、そんな中、こんなご相談を
受けました。

 

「うちの子指しゃぶりがやめられないんです」

 

見るとママに抱っこされて眠く
なっちゃったのかチュパチュパと
1歳8か月の女の子

 

「そうなんですねー。でもね、きっと
お話すればわかりますよ。」

 

と言ってあることを言ったんです。

 

そしたら、ニヤッと笑ってスっと
指を外してくれました。

 

やったね!

 

私も嬉しかったけれ、ママも驚き!

 

えーーーーーーーーっ。
あんなに悩んでいたのに
わかるんですねー!

 

と感動していらっしゃいました。

 

その後も手が口元に行きそうになるけれど
ちゃんと自分でstopかけていました。

 

指しゃぶり

 

よく4~5歳までは大丈夫と
書かれていますが、正直私は
それでは遅いと感じています。

 

口元の感覚が鋭敏な0歳の間は十分に
指しゃぶりをして感覚機能を
研ぎ澄ませることは必要です。

 

でも、もう1歳を過ぎると他に
手指を使ってやりたいことができる
ようになるので、自然とやらなくなります。

 

実は私の子ども達上の2人は
自然に1歳前にやらなくなりました。

 

でも3番目だけは私が忙しかったので
逆に指しゃぶりをしていてくれると
大人しかったので、泣き始めると
タオルをポーンと投げ、
指しゃぶりをさせていたんです。

 

酷い母親でしょう(笑)

 

いけないなとわかっていても
仕方がない・・・と思っていました。

 

でも、あとで矯正するはめになりました。

 

口のはぐきのあたりが見事に
指1本分すきまが空いてしまったんです。

 

ホントその時にラクしたいがために
あとで高額なお金がかかってしまいました。

 

歯のかみ合わせが悪いと
身体のゆがみや痛みにも繋がって行きます。

 

だから、きちんとお話して
指しゃぶりをしなくても
お話で気を紛らわせたり
つまらなくならないように
遊びを提供したり
一緒に手を繋いで寝たり
色々工夫してみてください。

 

そんな時にも遊びのアイテムを
沢山持っていると大変便利です。

 

スクール生はさすがに上手い!です。

 

それはスタジオに来てママが体験
しているから。

 

ママが遊びが豊かになること

 

これからの発想力を育てるには
まずここからですからね!!!

 

今日もメルマガをお読みくださり
ありがとうございました。

 

素敵な連休をお過ごしください。

 

今日は天才子育てセミナー

 

連休中ということもあって超満員!
ご夫婦のお申し込みが2組あるようです。

 

来月5月30日まで満席!

 

先日、お知らせした
育脳遊び実践講座も皆さまから
お問い合わせが沢山来ていますので
そのお話もまたさせて頂きますねー!

 

Have a nice Day !!!

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール