育児ノイローゼは子育ての技術を持ったら解決できます

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

 

先日は育児ノイローゼと診断された
というママとの個別相談でした。

 

お話しを伺っていると
ちっとも育児ノイローゼには
感じられませんでした。

 

むしろただ、一生懸命なだけなんだなーと
思ってお話を伺っていました。

 

お悩みはというと
✔おっぱいはやめたけれど触りたがり我慢の限界

✔朝起きてから、ジュースやお菓子を食べたがり、食べれないと駄々をこねる

✔一人で履けるのにやってーと言う

✔チャイルドシートは嫌がるので
とても乗せられない

✔家庭〇〇園の課題をこなすのに
脅してやらせてしまう

 

等々、一生懸命なだけに
やらなきゃとやりこなすことで
いっぱいいっぱいのママ

 

その育児ストレスで我慢の限界が
すべてお子様に当たってしまっている
現状

 

そして、カウンセリングも何件か受け
育児ノイローゼと診断されたとか。

 

原因はあなたですよ、とも言われたと。

 

私はというと

 

ただ子育ての技術を持っていないだけ

 

と感じました。

 

やり方さえわかれば
これらすべて解決できるのに。

 

勿体ないなーと思ったのです。

 

やり方さえわかればお子様が
反抗することもなく
ママはイライラすることもなく
怒ることもなくなります。

 

そうではないやり方があるからです。

 

メルマガを読んでわかっている
やっているつもりになっている

というのが一番怖いですね。

 

昨日は
すべてのやり方とうまくいく
言葉を全部お渡ししましたよ。

 

録音もしてもらって
この言葉通りにやってみてください、と。

 

きっと不思議な位
お子様が言うことを聞いてくれて
イライラもなくなると思います。

 

ただね、これは対処療法にすぎません。

 

ママの思考が変わらない限り
また別の形でうまくいかなくなることが
出てくるでしょう。

 

一時しのぎでやり方を習って
上手くいったとしても
子育ての軸を持って
どんな場合もぶれずに
お子様に対応できるようにならないと
また同じパターンに戻ってしまうでしょう。

 

自分の考え方は習慣ですから
変えていくには、時間をかけて
正しいやり方や考え方を持っている人と
一緒に学んでいくことが必要です。

 

 

育児は技術なので、正しい技術を持った
人と一緒にいることで正しく
変えていくことができます。

 

考え方の習慣を時間をかけて
変えていくことが必要なのです。

 

でないと、お子様は自分で考えて
行動することができなくなり
人のせいにして怒ったり脅したりして
人を動かそうとするようになるでしょう。

ママが今思っている思考はそのまま
伝染します。

 

ママが今やっている行動はそのまま
伝染します。

 

お子様は今のあなたの言葉そのままに
行動そのままに
人とのかかわり方をそのままに
成長していくでしょう。

 

それで本当に良いのですか?

 

お子様がまだ小さく、一緒にいる時が
チャンスなんです。

 

一緒にいる時に
正しい言葉の使い方
正しい関わり方
正しい考え方

 

を身につけましょう。

 

子育ては練習が必要です。

 

この時に人に預けてやり方を学ばないと
あとでしっぺ返しが来ますよ。

 

間違ったやり方でお子様が小さいうちは
何とかやりこめます。

 

でも知恵も力もついた思春期まで
間違ったやり方をやっていては
取り返しがつかないことになりかねない。

 

私はそこまで行ってしまった例も
沢山見ているので、どんなに乳幼児期が
大事かを痛感しているのです。

 

お子様が大きくなって社会に出たら
「自分なりに課題を見つけ
人生をイキイキと謳歌してもらいたい」と
思いませんか?

 

成績が良く、良い学校に入って
いい会社に入ってということに
とらわれて教育していると
本来の自分を見失い
何をやってよいかわからない
お子様に育っていってしまいます。

 

言われて指示されて言うことを聞かされる

 

ことに慣れている子供は
自分で考えない回路ができあがってしまいます。

 

これからの時代はまさに自分で
やりたいことに取り組み
自分で課題を見つけ考えられる
人が活躍していく時代です。

 

今までの教育を見直し
これからの時代に対応できる
お子様に育てていきましょうね。 

 

 

R.jpg