やる気にさせる効果的な言葉がけとは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

昨日の記事を早速実践された
方からのご感想です。

 

ーーーーーーーーーーーー

明日から小学校ですが、冬休みの宿題の直しが終わらず…午前中は娘もやる気が起きなくて困っていました。

 
今日の「自己肯定感をあげる」メルマガを読んで、早速声かけを変えてみました。
 
「宿題できたんだね〜。ママが丸付けしていて、頑張ってやっていた様子がすごくわかったよ。頑張ってやり切れたね。」
 
と言った後で、
 
「あと、ここをやれば完璧だね!」
 
と言ってみたところ、娘がサッと宿題の直しに取り組んで、他のページの直しも他のしたくも一気にやりとげることができました。
 
やらないときはギスギスしていた空気も、娘との関係もいい方向に変わりました。
 
小学生にも即効性のあるメソッドで、娘の自己肯定感も上がった気がしています。
 
ーーーーーーーーーーー
 
お子様のしたことの事実を
ポジティブな言い方で伝え
あと何をしたらよいのかを
具体的に示したので
「これならできる」と前向きに考えられ
行動に繋がったのですね。
 
 
事実をポジティブに言ってもらえると
認めてもらえた!承認してもらえた!と
想い、心が安定するのです。
 
 
心が安定すると、今度は次にどうしよう
と考えることができるようになります。
 
 
そこへちょうど量的にも的確な
宿題の量を示されたので
俄然やる気になったのですね。
 
 
そして、やり遂げ、自信に繋がる。
 
 
こんなちょっとしたことも毎日
積み重ねていくかで、自己肯定感は
育まれて行きます。
 
 
もしこの時叱っていたらどうだったでしょう。
 
 
ちょっとした意識の違いで
お子様のメンタルを強くできるかどうか
 
 
親の役割は大きいですね。