おもちゃの取り合いこそ、コーチングが効きますよ

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

おもちゃの取り合いについての質問が来ています

========

いつもメルマガ読ませて頂いてます。
ハッとさせられる事や、
でもこの先が…っと思うもあり、
今回メールさせて頂きました。

「おもちゃの取り合い」
うちは7歳、4歳、2歳の男の子がいます。
いつも、おもちゃの取り合いで
喧嘩がはじまります。

メルマガにあったように、
4歳、2歳の息子は使ってない
瞬間をみて取ります。

ここまでは、「よく見てるね〜」「賢い」
っと私も主人も笑って見ていられる
のですが、取られた方はおもちゃが
無いことに気づいて、
奪い取りに行き、
またまた喧嘩が始まります。

取られた方は、まだ遊んでる!
ちょっと手を離しただけっとの事で、
満足してないので気持ちも分かります。

でも下の子は遊んでいても
問答無用で奪われるし、
使ってないと取ってきても、
また奪い取られる…

私も「貸してあげて〜」「順番ね〜」
っと言っても、
泣きまくりもう収集がつきません…

だんだん、上の子にも、
下の子にもどう接したらいいのか
分からなくなってます…

=========

 

 

さて、ここでご質問です。

ママはどうして困ってしまいますか?

・ケンカをされると聞いているのがいや
・泣きまくられると家事ができなく
 なるとさらにお腹がすいて子ども達が騒ぎまくるから困る
・いじわるな子になってほしくない
・もっと思いやりのある子になってほしい
・自分の子育てが間違っていたのかと思って落ち込む

などでしょうか

では、上のお子様はどうして
おもちゃを取るのでしょうか。


・自分で使っていたものを一時的に
 手を離したとしてもまだ使いたいと思っているから
・一時的に忘れていたけど、
 使われたことで再び使いたくなった
・弟には取られたくない
・いつも自分ばかりが責められるので不満
・周りはいつも自分の思う通りに動いてほしい


また下のお子様は
どう思っているのでしょうか。


・いつもおもちゃを取られて悔しい
・何とかあのおもちゃで遊びたいと隙を狙っている
・やっとおもちゃで遊べると思ったら、また取り返されてしまった
・いつも満足しておもちゃで遊べない不満を持っている
・おもちゃを取られて悔しいけれど勝てないことも知っている

などなど、それぞれの立場で気持ちが違いますね。

親は、どういう立ち位置でいたらよいかというと


それぞれの子の気持ちを代弁してあげること
これがいつもお伝えしている
『共感』です。

共感=それだけで良いのです。

 

本当のお子様の気持ちを汲み取って
言葉にして伝えてあげるだけで
気持ちが満たされるのです。

 

まず、お一人お一人の
心を満たしてあげること

 

あとできることとしては
ケンカが始まってからやるのではなく
日ごろから一人一人が満足するように
1対1の時間をそれぞれ作り
心が満足するように話しかけていくように
心がけると、それぞれが落ちついて来ますよ。

 

それができたらお子様は自分で解決策を見つけて
問題を解決していけるようになりますよ。

 

自分で解決策をみつけて
取り組んでいくことができるように
ご家庭でしつけて頂きたいので
親が解決をしてあげることが
良いわけではありません。

 

自分で解決策を見つけ出し
乗り越えていけるようになるために
お子様の気持ちを汲み取って
言葉にして伝えてあげてね。

 

気持ちをわかってもらえると
人は安心して、次へ向かおうと
進めるのです。

 

安心して、解決策を探そうと
しだします。

 

親は安心させることを
一番に考えていきましょうね。

 

さて、いつもすぐに満席になってしまう
輝きベビーコーチング講座ですが
全国での開催が決定致しました!

名古屋 9/8(日) 
東京 9/23(月・祝)
福岡 10/14(日)
大阪 10/19(土)
仙台 10/25(金)

 

コーチングの募集は
7月29日(月)20時から
させて頂きます。

 

<詳しい情報はこちら>

https://www.m.kagayakibaby.org/kagayakibaby-coaching





オンライン講座でおうちで学べます

 

セミナーのご案内

天才子育てセミナー

お子様連れOK!たった3時間で、お子様の天才スイッチONにする方法を学べます。

 

 

叱り方・褒め方セミナー

お子様連れOK!叱り方・褒め方を学んで、自信を持ってお子様と笑顔の毎日を過ごるようになります。叱り方・褒め方ポイント10ヶ条 を当日プレゼント致します。