おもちゃの与え方のヒントはイタズラから

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

お子様のイタズラが見られたら
即座に代わりになるおもちゃを
あたえてあげましょう。

 

今日は叩く編です。
9つの分野からいうと
【身体】です。

 

w.JPG

 

「最近私の顔を叩いてくるんです。
やめてって言ってもやめてくれなくて」

 

時々頂くご相談です。

 

お子様には発達に合わせて身体の部位を
鍛えるようにする特性があります。

 

発達の段階は体全体の動きが
できるようになり、その後、
肩→腕→手→手のひら→
指先へと
体の中心から末端へ
向かって発達
していきます。

 

肩が発達してくるとそれに合わせて
『叩く』という行為がみられます。

 

 

パパやママの顔を叩いてくる時に
大きな声を出したり、オーバーに
反応するとその反応が刺激となり
おもしろがって叩くようになります。

 

叩かれるのが嫌だったらまず反応せず
叩けるものを用意してあげましょう。

 

叩く.JPG

 

この写真は先日の輝きベビースクール
様子です。

 

100均(ダイソー)で売っている
100円の椅子。

 

これをたいこに見立てて
サンバのリズムをかけながら
強く⇇弱く
速く⇇遅く
go⇒stop

このように『叩く』ことを
リズムに合わせて楽しみながら
力加減を教えて行きました。

 

5ヶ月の赤ちゃんから
楽しんでいましたよ。

 

叩くという欲求が満たされるだけ
ではなく、
叩いてもいいんだよ
という承認のメッセージ
が伝わり心が満足しますます
やる気に満ちていくのです。

 

おうちにある空き箱や段ボール
缶などを使って色々な感触や
音を楽しんでみてくださいね。

これを沢山経験したあと
本物の太鼓やタンバリンなど
楽器遊びも楽しんでみてくださいね。

 

夏休みで旅行に行ったらその土地
ならではの楽器を探しても
おもしろいかもしれませんね。

 

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール