師弟対決に勝利した藤井聡太君の集中力

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

とうとうやりましたね!
藤井聡太6段

 29003613_1826826244018434_49801481_n.jpg

師匠に”横綱相撲”で勝利!!!

 

何と言っても藤井聡太6段の集中力!

 

これは勝利への欠かせない力だと言われていますね。

 

なぜこのような集中力がついたかというとお母様が小さい頃から気を付けて
育てて来た、という育て方にポイントがあると思っています。

 

「自分がやりたいことを見つけた時に、ちゃんとやれる能力を身につけてほしい」と考え、子どもたちに接してきた。

あくまで自主性を尊重したいから

「好きなことを見つけ、集中してもらうために何ができるか、いつも考える」

「何かにのめり込んでいる時は止めないようにしよう」

「集中力、それと強烈な負けず嫌いが、聡太をここまで成長させたんだと思います」

「集中力、それと強烈な負けず嫌いが、聡太をここまで成長させたんだと思います」

 

この言葉はまさにモンテッソーリ教育の考え方です。

 

ただ、勘違いされるのは、「好きな事を好きなだけやる」ということをどれだけ推奨できるかどうかですが、限界もあります。

 

世の中、一人では生きていないわけで
周りの状況も判断しながら進めなくてはならないこともあります。

 

この線引きが難しいのではないでしょうか。

自由をどこまで許してどこまでダメとするのか。

 

でもね、これはやり方があるのです。

 

やりたいことをできるだけやらせる

 

ということはじっくり考察して
答えを自分で導き出し、実行していく
為にとても大切なことなのです。

 

ここで途中で止めてしまったり
中断させてしまうと、
思考の回路が突然断たれストレスがたまります。

 

自分で「終わった」と思えるまで
やりきらせることが本当は必要です。

 

それを踏まえて上で予め枠組を決めて
さきに約束をしておくこと

 

これがとても大切なのですね。

 

天才子育て講座では、この枠組を決める!

ということをしっかり落とし込んで
学んで実践して行きます。

 

明日から大阪にて
「天才子育て講座」を
3月、4月、5月と
3回に分けてお伝えして行きます。

 

お子様との関わり方は人格形成の
上でとても重要です。

 

ママが初心者の内に正しい関わり方を
学ぶことでお子様の自立は早くなり
結局ママが子育てから開放されるのが
早くなります。

 

自分が何かをやろうとした時に
お子様にぐずぐずされていたとしたら
それはちょっと危険信号です。

 

まずはママが動きやすいように
お子様を自立させ一緒に前を向いて
歩いて行きましょう。

 

お互いに好きなことをやっていい!

 

これが私の持論です(笑)

 

早くそうなる為に。

 

天才子育てセミナー新日程でました!

お申し込みはお早めに。