ママがひも通し遊びをうまく手伝う方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

世の中が便利になり
手指を使うことが
少なくなって来ています。

 

子ども達も自然に手指を
使う機会が少ないがために
能力が伸びない事が
多々増えてきました。

 

これは”紐とおし”という遊びです。

ママがビーズの穴に紐を
通すところをジッと見ています。

 

11178637_960364077331326_362429491_n

 

まず、ママがだまってやって見せると
どういう仕組みかを真剣に
みようとします。

 

ここがとても大事なところです。

 

乳幼児は、耳で聴くことと目で見る事
同時にはできないので
まずは何も言わずやって見せてあげましょう。

 

できそうだな、と思ったら
手を出して来ます。

 

最初は紐が穴から出てくるところを
何度も見せます。

 

出てくる仕組みがどうなっているか
何度も見せて理解させます。

 

その次に、出て来た紐をつまんで
引っ張るとビーズが通るところを
見せます。

 

こやって、動作を分析して
見せるととてもわかりやすいのです、

 

ちゃっちゃとやってしまって
「はい、ちゃんとしなさい」なんて
やらせても子どもはわからないのです。

 

うちの子、ちっともできるように
ならないわ、と思ったら
やり方がわからないからだと
思って、やり方の伝え方を工夫してみてくださいね。

 

11178637_960364077331326_362429491_n