無意識に我慢をしていませんか

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳まで天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です

 

私が幼稚園を退職し独立をして
スクールや子育て講座を開催し
乳幼児の子育てをしているママ達と
身近に関わるようになってから
感じていること

 

それは我慢をしなくちゃいけない
と多くのママ達が思っている
ということです。

 

その我慢とは小さい頃からの
我慢の積み重ねに加えて、子育てや
人間関係の中で培われていく
多くの我慢が溜まりに溜まって
ブロックのような塊になっているのです。

 

しかも、年々自分の気持ちよりも
相手の気持ちや周りの状況を
優先されなければならない、という
世の中の強い常識のようなものも
強くなっているため
自分の気持ちを押し殺して
生活をしてきているのです。

ss.JPG

そうしているうちに
自分の本当の気持ちが
わからなくなって
お子様の言動や行動に
振り回されてしまうのです。

 

そうなるとますますお子さまは
自分をコントロールすることが
できなくなり、暴走したり
逆に自分の気持ちを伝えることが
苦手になり、我慢を強いられる
状態になっていってしまいます。

 

その我慢が一見その場は何とか
おさまっているように感じるのですが
限界を達すると爆発し
「つい怒ってしまった」
「つい暴言を吐いてしまった」
「つい叩いてしまった」
「つい無視してしまった」
「ついにらんでしまった」

 

となって最悪感にさいなまされるのです。

 

 

私たちの受けて来たしつけや教育は
「子どもは大人の言うことをよく聞き、
従うもの」という考えでした。

 

この上下関係が相手を服従させ
従わせるという当たり前の常識が
我慢をしなくてはならない
自分がいけないのではないか
等の考え方になり、我慢が蓄積
されていくのではないかと思うのです。

これからの日本は異常な速さで
変わっています。

 

もっと自分の個性を出して
自分らしく生きていくことが
必要になる時代に昔のような
考え方は息苦しい生き方を
教えるようになってしまいます。

 

これからはどんな立場であっても
どんな役割であっても
人と人、対等な立場で関わり合う

 

そういった在り方が土台の上に
人と付き合っていかなければ
ならないと思うのです。

 

これを解いてもっと自由に
もっと楽しく子育てをしてほしい

 

ママが我慢をしていては
お子様が窮屈な思いをしてしまう
と、感じています。

この呪縛のような縛りを解いて
自由になっても大丈夫!とエールを
送るために講座を開催しています。

 

子育て講座は半年間
通っていただくのですが
この半年の間にご自分の気持ちを
振り返り、本来の自分を取り戻すことを
して頂いています。

 

回数を通って頂くたびに
表情が明るくなり
言葉が増えていくママ達

 

それは本当の自分の気持ちに
気づいていくからなんです

 

自分しかない能力を発揮して

自分らしく生きる事

 

子育て講座ではこれを
半年間かけてゆっくりと
思考を変えて行きます。

 

そうすると、ママの表情までも
変化し、子育てにも変化が見られます。

 

これからの時代を生き抜く
お子様を育てるためにも
どうぞご自身が自分の気持ちを
振り返り、どうなりたいのか
ここを考えていくことを
日常の何気ない選択の場で
考えていってください。

 

その小さな訓練はあなたの
思考を徐々に変えて行きますよ。

 

パパとママはこれだけ読めば大丈夫3歳までの褒め方で天才スイッチがオンになる!輝きベイビーメール