私も英才教育なんて!!!と毛嫌い派でした。

Share on Facebook
Share on LinkedIn

私は幼稚園教諭を長く
していたので
情操教育が大事!!!

 

 

幼稚園で読み書き計算なんて
必要ない!!!

 

 

と、毛嫌い派でしたよ。

 

 

それはある意味
合っていると思います。

 

 

教え込む
覚えさせる
強制する

 

 

などの行為はもってのほかですし
読み書き計算を
3歳までにとは
思っていません。

 

 

ただ、
お稽古事も3歳からなんて
悠長な事を
言っていると
時代の波に乗っていくことは
できません。

 

 

なぜかというと
これからの時代は
早いスピード!!!と
何もない所から
作り出していく
想像力と発想力

 

これが必要になってくるからです。

 

 

人工知能の発達で
単純な仕事は
ロボットがやってくれるように
なりますから人間は
必要がなくなります。

 

 

そのような時代に
今までの教育法だけで
はたして対処できて
いかれるのでしょうか。

 

 

マニュアル通り
指示通りの
教育をしているところは
ありませんか?

 

 

これはダメ
こうしなさい
やっておいてあげるから

など、日ごろ子どもの力を
台無しにする言葉を
掛けていないでしょうか。

 

 

学校いけない
働けない子ども達
ますます増えていますよ。

 

 

3歳までに大事なのは
人の持つ感覚を
研ぎ澄ませて

置く事なのです。

 

 

何もしないで生活だけ
生きる手伝いをしているだけでは
乏しい能力のまま
大きくなってしまい
創造性や発想力
育ちません。

 

 

これから社会で
求められる力

つけさせてあげたければ
3歳までの教育が
大事なんです。

 

 

あなたはお子さんに
してあげられることが
わかりますか?

 

 

例えば折り紙1枚で
三角を折ってください。

 

 

ss

 

はい、これしか思い浮かばないとしたら
あなたは新しい物や事を
創造していくのは難しいでしょう。

 

 

dddd

 

 

三角折りと言われたら
実に何とおりもの
形が作れます。

 

 

これが次世代を作っていく
創造性と発想力です。

 

 

このような力を
つけていくには

3歳までにいかに
感覚的な
遊びを
経験しているか
って
ことなのです。

 

 

あなたは遊びをいくつ
知っているでしょうか。

 

 

 

沢山の楽しい経験が
ストックされていくことで
その組み合わせが新しい
ニーズにこたえた
発想に変わっていくのです。

 

 

世の中に求められている
ニーズにいち早く答えられた
仕事が人気になります。

 

 

自分力を最大限に発揮し
世の中の為になるように
力をつけていくように
導いていく事が
子どもに関わる大人の
役割です。

 

 

お子さまが将来苦しまない為に
今、できることをやって
あげましょうね。