叱り方がわかる3つの学びとは!?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤 美佳です。

 

お子様の叱り方がわかる3つの学びがあります。

 

 

それは

1.お子様自らやる気にさせる叱り方
2.イライラせずに思う通りにお子様が動いてくれる叱り方
3.叱らなくてもお子様自ら気づくようになるなる言葉のかけ方

 

 

「ヤダ!やらない!」と
やらせようとすると泣いて怒る。

 

いじけて何を言っても
さらに激しく泣き続ける。

 

「抱っこ抱っこ」と
しまいには抱っこして
気分転換して泣き止ませる結果に。

 

このパターンは完全に

お子様が上手です。

 

お子様は泣いて暴れれば
いう事を聞いて
くれると思っています。

 

親が叱れないことを
見抜いています。

 

また一方では
強制的に叱る事で、
恐怖でやらせたり、

支配したりするパターン
もあります。

叱る 怒る

このやり方では、
その場だけやらせたり、
押さえつけたりできますが
また同じような事をやるので
イライラがさらに募ることになります。

 

また、お子様も人に対して
脅しや脅迫、はたまた
人に対して命令して
いう事を聞かそうと
してしまう人に
なっていってしまいます。

 

 

でも、叱り方のコツ
さえわかればスムーズに
解決していける方法があるのです。

 

お子様自ら考えて、
自らどうすればよいのか

理解して行動して
いくようになったら

親としてもこんなに
嬉しい事はないですよね。

 

どちらも効果的な叱り方の
言葉の使い方があります。

 

 

そして、
どんな時に叱って
どんな時に褒めたらよいのか
状況によって見極める力
ついて来たら怖いものなしですよね。