幼児ママにおすすめの数遊び

Share on Facebook
Share on LinkedIn

0~9のカードを用意します。

数字は見えないように
カードを折って
好きなカードを1枚取ります。

11992550_1030341487000251_1470022262_n

書いてある数字を覚えます。
まだ数字がわからなければ
一緒に数字を読みます。

 

その数を記憶して、
その数だけ部屋の中にある
何かを探して持って来ます。

 

これは書いてある数字を
記憶するという目的
含まれています。

 

探しに行くうちに
数字を忘れないようにする
訓練にもなるからです。

 

このように数字遊びをすることで
記憶力も一緒に訓練します。

 

さて、持って来たものを
並べます。

 

お子様が絵本を持って来たなら
「2冊ね。このカードの”2”と同じね。」

 

お母さんがコップを1個持って来たら
「コップが1個ね。このカードの”1”と同じね。」
というように、助数詞を知らせます。

 

この時”0”のカードを引いたなら
「あ~0だから何にもないねー。」
なりますが、子ども達は
これが大好きなのです。

 

「何にもない」という
”0”の概念を

知る事は数学的
センスを身につけるうえで

非常に大切です。

 

数を知りたいと思うのは
子どもの自然の摂理です。

 

それに応えるのは早期教育ではなく
適切な時期に応えてあげる
適期教育です。

 

子どもの「知りたい!教えて!」
いう気持ちに添って
喜ぶ遊びを提供してあげたいですね。