0歳児でも遊べる脳を鍛えるおもちゃ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

イースターにちなんで開発した0歳児でも遊べる脳を鍛えるおもちゃ

 

春の訪れを喜びあう意味もあるEaster。

 

イエス、キリストが死後、
3日目によみがえった
復活を祝う日で、
新しく生まれ変わる
意味もあって卵に
絵を描いてお祝いします。

 

今の時期にしかない
限定グッズで面白い
遊びを養成講座の
生徒さんと開発しましたよ。

モンテッソーリ教育

1.たまご型を持つ

できるだけ小さいうちから
感覚機能を研ぎ澄ませて
置くと、将来算数脳が
育って行きます。

 

このたまご型の形は
生活の中ではあまり
出会えない形です。

 

これを持つことで
この形の空間認識力や
丸型のカーブの感覚等
日常では得られない
感覚が育ちます。

 

たまご型を”持つ””握る”だけでも
感覚能力が研ぎ澄まされます。

 

2.中に物を入れる

スーパーボール
ビー玉
パチンコ玉
ラムネ瓶の中の玉
おはじき

お米

 

入れられるものは沢山ありますね。

 

入れたものによって音がどのように変化するでしょう。
入れたものによって動きはどうなるでしょう。
入れたものによって手でころがすとどうなるでしょう。

 

子どもは0歳児でも食い入るように
見て来ますよ。

 

この時の脳は
もの凄い勢いで
活性化していますよ。

 

 

3・転がす場所に変化をつける

スーパーボール等を中に入れて
ころがしてみましょう。

 

入らな所を転がす
板で坂を作って転がす
階段を転がす

 

等、転がす場所も変化を付けて見ます。

 

それぞれ中の物を変えて
ころがしてみましょう。

 

 

このようないくらでも変化のある遊びが
今後の発想力や創造性を
育てていくのです。

 

 

決まり切ったおもちゃは
すぐに飽きてしまいますが
このような遊びはいくらでも
研究材料になり
変化に富んでいますから
飽きることがありません。

 

 

集中現象がみられる為の
遊びを沢山経験させてあげてくださいね。