知らないと怖い食物アレルギー

Share on Facebook
Share on LinkedIn

3歳までに天才スイッチONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤 美佳です

 

皆さんは食物アレルギーって
ご存じですか?

 

アレルギーの原因となる食品を
摂取することでじんましんや
喘息、嘔吐、下痢などの
症状が起こる事をいいます。

 

実は幼稚園児にも
突然食物アレルギーが
起った事がありました。

 

それは節分の日のことです。

 

節分で落花生を
園児と共にまいて
鬼退治という恒例の行事を
行なっていた時、
突然みるみると顔が
赤くなり腫れ上がってきた
お子さまがいらっしゃいました。

 

そして、呼吸も荒くなり
慌てて、救急車で病院に!!!

 

診て頂いたところ
落花生による
アナフィラキシー
だったのです。

 

アナフィラキシーとは
アレルギーを起こす原因となる
食物(アレルゲン)が体内に入り
全身に急激なアレルギー反応が
起り、呼吸困難や意識の低下などが
見られる症状のことです。

 

そのお子様のママは
落花生を食べさせたことがなく
幼稚園で初めてアレルギーが
あることがわかりました。

 

その場面に出会った私たちも
すぐに救急車を呼んで
対応できたので大事に至らなかったの
ですが、アナフィラキシーを起こすと
命にかかわることもあるので
食物アレルギーのことを
知っておくことは大事ですね。

 

5大アレルゲンといって
食物アレルギーになりやすい
5つの食品を「5大アレルゲン」と
呼びますが、小さじ1からあげ
様子をみるなどして
おくとよいかもしれませんね。

 

5大アレルゲンとは!?

牛乳

大豆

小麦

です。

 

この5大アレルゲン他に

そば

落花生

かに

えび

が国によって表示が義務づけられた
アレルギーの出やすい食品です。

 

アレルギーの症状は様々ですが
目が充血したり
くしゃみが出たり
唇が腫れたり
かゆがったり
じんましんがでたり

 

食べた食品によって
何かしら身体の変化が見られたら
重症になる前に受診されることを
おススメします。

 

お子さまのアレルゲンを知らずに
保育園や幼稚園に入園してから
発見されることほど
怖いものはないですからね。