3~5歳の幼児はできるだけ本物に触れさせる

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア

乳幼児期に目にしたもの
触れたものはすべて吸収しています。
特に3歳までは5感が発達していきますから
見る、聴く、触る、味わう、香るなどの
ものを意識して質の良い物を味わっていくと
良いものを見極める眼もついてきます。

 mic_ea02

 

 

それは一生お子さんの土台となって行きますから
お子さんを取り巻く環境には
充分配慮が必要です。

 

だからできるだけ本物を使わせたいのです。

 

たとえば、汽車のおもちゃでは
プラスチック製か木のおもちゃか
迷いますよね。

 

木の汽車は少し高めです。

 

でも、触れた時の感触
見た目の色が温かく
肌にフィットします。

 

 

私は子どもに使っていた木の汽車を
28年経った今でもベビースクールで
使っています(笑)

 

だから、お孫ちゃんにも使用できます。

 

 

たとえば食器も本物を使います。

 

壊れやすいものほど
大切に扱います。

 

 

本物を知っていると
その価値に見合ったしぐさや
行動が身に付きます。

 

その価値を知っている人たちと
繋がっていくようになります。

 

歴史に残る名画や名曲もそうです。

03414x

今でも、語り継がれ残っている物は
その価値を大切にされている物ですから
本物です。

 

見たり聞いたりすることで
感性は研ぎ澄まされていきます。

 

本物を知っているということは
自分の身体に自然に取り込まれる
心地の良い物を知っているということです。

 

良い物を見極める眼も育ち
より良い人生を選び取る力にも
繋がっていきますよ。

 

 

 

 

 





オンライン講座でおうちで学べます

 

セミナーのご案内

天才子育てセミナー

お子様連れOK!たった3時間で、お子様の天才スイッチONにする方法を学べます。

 

 

叱り方・褒め方セミナー

お子様連れOK!叱り方・褒め方を学んで、自信を持ってお子様と笑顔の毎日を過ごるようになります。叱り方・褒め方ポイント10ヶ条 を当日プレゼント致します。